SOCIAL
TOKYO-LOS ANGELES

Rediscover a Visual Culture / Pacific Voice inc.

Corporate Profile 会社概要

会社名 株式会社 パシフィックボイス
所在地 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8 SSUビル4F
地図
連絡先 TEL 03-5474-8330 FAX 03-5474-8331 E-mail info@pacvoice.com
事業内容
  • アーティストのマネージメント、プロダクション運営
  • 映画祭の企画・運営 ・映像コンテンツの企画制作および販売
  • 映像および音響の記録媒体の製作・販売
  • 映像・映画上映の企画および運営 など
設立 1994年8月11日
資本金 1,000万円
従業員数 25名
主要取引先 (五十音順) 株式会社J-WAVE、MHDモエヘネシーディアジオ株式会社、株式会社TBSテレビ、エイベックス・エンタテイメント株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、デジタルハリウッド株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社テレビ東京、株式会社電通、東映株式会社、東武タワースカイツリー株式会社、東宝株式会社、トヨタ自動車株式会社、日本テレビ放送網株式会社、日本放送協会(NHK)、ネスレ日本株式会社、株式会社博報堂、株式会社フジテレビジョン、株式会社ホリプロ、株式会社毎日新聞社 ほか
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 広尾支店、三菱東京UFJ銀行 麹町中央支店、みずほ銀行 麹町支店
決算期 2月末日
沿革
1994年 8月 有限会社パシフィックボイスとして創立
1999年 6月 「アメリカン ショートショート フィルムフェスティバル」を立ち上げ、東京・沖縄で開催
2000年 6月 「アメリカン ショートショート フィルムフェスティバル2000」を東京を皮切りに国内5会場で開催
2000年 8月 港区南麻布に移転
2001年 1月 原田貴和子(ショーン・ハラダ)と業務提携
2001年 6月 「アメリカン ショートショート フィルムフェスティバル2001」を国内5会場とシンガポールで開催
2001年 11月 佐藤夕美子、小林孝至、シリル・コピーニとマネージメント契約
2002年 6月 「ショートショート フィルムフェスティバル」にタイトル変更、国内7会場のほか米国・ロサンジェルス、シンガポールで開催
2002年 6月 日本ビクターよりDVD
『アメリカン ショートショート1999』
『アメリカン ショートショート2000』
『アメリカン ショートショート2001』を発売
2002年 8月 千代田区平河町に移転
2002年 11月 株式会社パシフィックボイスに組織変更
2003年 6月 「ショートショート フィルムフェスティバル2003」が開催5周年記念を迎える。
国内7会場と米国・ロサンジェルス、ミャンマーにて開催
2003年 7月 奥野史子とマネージメント契約
2004年 5月 「ショートショート フィルムフェスティバル」が米国・アカデミー賞公認映画祭に認定
2004年 5月 野島直人とマネージメント契約
2004年 6月 「ショートショート フィルムフェスティバル2004」を国内8会場とロサンジェルス、ミャンマーにて開催
2004年 6月 パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパンよりDVD
『アメリカン ショートショート1999』
『アメリカン ショートショート2000』
『アメリカン ショートショート2001』を再販
2004年 10月 「ショートショート フィルムフェスティバル アジア」を東京都とともに共催
2005年 6月 「ショートショート フィルムフェスティバル2005」「ショートショート フィルムフェスティバル アジア」を同時開催
2005年 9月 経済産業省の委託を受け、社団法人2005年日本国際博覧会協会実施の「ショートショート フィルムフェスティバル EXPO2005」に参画
2005年 10月 業務拡大により企画室を、映像文化事業部と映像事業部とに部門を分け、体制変更
2005年 10月 東京国際映画祭にて、「ショートショート フィルムフェスティバル2005」「ショートショート フィルムフェスティバル アジア」受賞作品を提携映画祭として上映
2006年 3月 河井護(俳優)とマネージメント契約
2006年 6月 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2006」 国内他4都市、メキシコにて開催
2006年 6月 新人育成を目的としたマネージメントの新部門「トライアル・アーティスト」を設置
2007年 6月 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2007」国内他5都市、メキシコにて開催
2008年 2月 日本初映画祭連動型ブティックシアター「ブリリア ショートショート シアター」を横浜にオープン
2008年 6月 映画祭10周年「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2008」国内他3都市、メキシコにて開催
・「ストップ!温暖化部門、オンライン部門」を新設
2009年 1月 安部沙織(女優)とマネージメント契約
2009年 6月 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2009」 国内他1都市、メキシコにて開催
・「ミュージック>Short部門」を新設
2009年 7月 田中靖彦(脚本家・脚本分析家)とマネージメン ト契約
2009年 8月 渋谷区千駄ヶ谷に事務所移転
2009年 11月 山田隆裕(元サッカー日本代表)とマネージメント契約
2010年 5月 iPhone用ショートフィルムのアプリケーションを発売
2010年 6月 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」国内他マレーシア・メキシコで開催
・観光庁(国土交通省)と共に「旅シヨーットプロジェクト」を新設
・アシアナ国際短編映画祭(韓国)、高雄映画祭(台湾)と提携
2010年 6月 フェイス・ワンダワークスと「ショートショート フィルムフェスティバル Onlineプロジェクト」を設立
2010年 7月 iPad用ショートフィルムのアプリケーションを発売
2010年 10月 ANA国際線中距離路線でSSFFのショートフィルムを機内上映開始
2010年 11月 常盤司郎(映像監督/脚本)とマネージメント契約
2011年 6月 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」国内他マレーシア・メキシコで開催
・「3D部門」を新設 ・観光庁(国土交通省)と共に「日韓観光振興プロジェクト」を実施
・Jリーグ20周年を記念して「フットボールプログラム」を新設
2011年 6月 アンドロイド携帯用ショートフィルムのアプリケーションを発売
2011年 12月 iPhone、iPad、アンドロイド用無料モバイルマガジンアプリケ-ション”Short Films Express”を創刊
2012年 4月 ネスレ日本株式会社とのコラボレーション「ネスレアミューズ映画祭」スタート
2012年 6月 6月4日を「ショートフィルムの日」と制定(日本記念日協会認定) 新たなプロジェクト「観光映像大賞」発足
2013年 4月 「ネスレアミューズオウチ映画館」オープン
2013年 6月 dビデオ powered by BeeTVにてShortShorts セレクトショートフィルムを毎月配信 開始
2014年 3月 旅総合情報サイト「旅もじゃ」グランドオープン
2014年 4月 小林風花(女優)、清水彩花(女優)、奈良坂潤紀(俳優)とマネージメント契約
2014年 7月 小池亮介(俳優)とマネージメント契約
2014年 8月 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は2015年度の開催に向けて、新プロジェクト「Book Shorts(ブックショート)」を設立!
2014年 11月 女優・原田知世(ショーン・ハラダ)と業務提携
2015年 3月 書道家・高岡亜衣とマネージメント契約
2015年 4月 キュレーションマガジン「antenna*」にて毎週ショートフィルムを配信開始
2016年4月 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は2016年度の開催に向けて、「ひかりTVアワート」を新設!